レコードの人気が再燃している理由について

アナログ的な音が逆に印象的に残る

最近はレコードの人気が再燃しているようですが、これはデジタル社会が浸透しているので、レコードというアナログ的な音が逆に印象的に残るという事があると考えられます。

デジタルの完全な音に比較してアナログ的な音は様々なところで、音質が変わるというような事があったりしますから、これが逆に印象深いというように感じる事が出来るのでしょう。

趣を感じるという人も少なくはないはず。
しかも、レコードを毎日のように聞いていた団塊の世代が懐かしい気持ちで聞くことが出来るという事も大きな魅力と考えられるようになっているとも考えられます。

この世代はレコードが出来たぐらいの世代なので、凄いモノが出てきたという事で、ひたすら聞いていたという人達です。
人は思い出というものはとても大切にするところがありますから、昔の事を思い出させてくれるものは、感動すら覚えるでしょう。

となれば、購買力がありますから、これは買っても良いというように判断して買って自分達で楽しむという事をするようになると考えられるのです。

自分でレコードをセットするという手間が嬉しい

今のデジタル機器では絶対に再現することが出来ない独特の音がありますし、自分でレコードをセットするという手間が嬉しいという事も感じるはず。
ほとんどの人が昔はしていたはずですから、そうした気分に浸る事が出来るのは幸せな瞬間です。

更には、昔ながらの優れた技術というのもこれで感じられるという事もあると考えていいでしょう。
昔は今のように情報が瞬時に伝わるというような世界ではありませんでしたから、オリジナリティのある音がいくつもありました。

最近は似たような音楽ばかりというように感じる人も少なくは無いのですが、昔は此処のクリエイターが独自に自分の音を作っていましたから、此処のレコードによって全く違う音が出されていたわけです。

この昔のバラエティーに富んだ音が今になって再度評価されるということにもなっていると考えてもいいでしょう。
そのため、団塊の世代ではない若い世代がこうした事に注目をしているという事もあります。

レコードは独特の音色がある

実は昔の音が最先端の今の音よりも心に響くというような事は珍しい事でもないのです。
オリジナリティという点では昔の方が今を圧倒的に凌駕しているというように考えても良いのかもしれません。

そして、何と言っても独特の音色があるという事も魅力です。
利用しているとすぐに故障するというのも面白いですし、様々な手間がかかるというのも面白いところです。

針が摩擦でこすれてなくなったりしますし、機器が故障するというのは当たり前なのですが、その手間がかかるところが良いわけです。
今の最先端機器のようにいつでも何処でも利けて、音質も最高のものが聞けるというわけではありませんが、その不具合のある所が、アナログ的で嬉しいということになります。

何事も完全なモノになると、興味が薄れてしまうものですが、不完全なところが少しだけてあって、自分のケアが必要になるというところが愛着を感じさせることになるわけです。